google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

京都の「ゴッホ展」

に行ったというお客さまから、

「ひまわり」のクリアファイルの

おみやげ・いただきました!

 

ありがとうございます!

 

 

・京都国立近代美術館にて

・3/4(日)まで

 

閉館が17時と、

終わりが早いので要注意

とのことでした。

 

ゴッホではなく、

ファン・ゴッホと呼ぶのが

本来正しいらしい。

 

ゴッホ・・・、

ゴホンといえば龍角散、

とは最近言わないのだろうか?

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

お店に置いているパワーストーンは、

球形の虎目石ですが、

 

これがなぜだか子供たちに人気で、

 

店に来てくれた子供さんたちが、

触ったり握ったりして遊ぶ光景が

良く見うけられて、面白いなあ、

といつも思います。

 

 

虎目石(タイガーアイ)は、

邪気を払う石とされています。

 

「氣」は、人それぞれ、

左右どちらかの手から

出たり入ったりするそうで、

 

虎目石のブレスレットを

氣の入る方の手首につけると、

邪気の侵入を防ぐ効果があるとのこと。

 

そんな素敵な

パワーストーンには難点もあり、

まず置く場所の問題です。

 

そして次に難しいのは、

石の形で働きが変わることです。

 

うちの店にあるような球形だと、

氣を集める力が強く、生氣だけでなく

邪気や衰氣も集めます。

 

ですから、必ず定期的な浄化が

必要になります。

 

幸い、虎目石は、

 

・水晶クラスター

・セージの煙を浴びせる

・太陽光に当てる

・月光浴させる

・流水を浴びせる

 

という、

だいたいすべての浄化法が使えるので

助かりますが、石の種類によっては、

その浄化法が限られていたりしますので、

お手入れに専門のアイテムが

必要になったりして大変なこともありますね。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

お客さまからの差し入れで、

トリュフ! 頂きました!

 

 

ポーランド産らしく、

ストロベリーチーズケーキ味!

 

さっそくひとつ頂きましたが、

現在、口内炎があるため、

痛みで味を楽しめません(涙)

 

完治してからいただくと

いたしましょう。

 

感謝です!

 

 

JUGEMテーマ:スイーツ

 

「髪に静電気が起きやすい」

という方が多くなる冬の時期。

 

なんと、日本では、

太平洋側の方が湿度が低いので、

発生した静電気が日本海側より

溜まりやすいらしいす。

 

 

ネットの情報によると、

 

************

 

寒冷前線や低気圧が通過するとき

プラスイオンが急増します。

 

その影響で、人体内の

マイナスイオンが減少して

しまうのです。

 

そのため、こうした

気象条件のときは神経痛や

ぜんそく、脳卒中の発生率が

高くなることが医学的に

知られています。

 

************

 

では、髪と静電気の関係は?

と言いますと・・・

 

静電気が起こると、

摩擦によるキューティクルの

ダメージが大きくなりやすい。

 

乾燥しやすい肌や髪の人は、

要注意ですね。

 

対策としては、

豚毛猪毛、または

金属性のヘアーブラシを使いましょう。

(お値段は少し高いですが・・・)

 

ナイロンのヘアーブラシが、

一般的によく使われていますが、

一番摩擦が起きるタイプなので

控えた方が良いと思います。

 

 

ちなみに東洋医学の考えでは、

津液(しんえき)不足といって、

体の水分が不足した状態によって、

肌や髪の乾燥が進みます。

 

嘔吐や下痢、長期の風邪などで、

体の水分が不足している状態が

原因の場合もあると思います。

 

また、

水分自体を摂取していない生活も、

体が乾燥する原因です。

 

お酒やコーヒーは水分ではない、

ということはわかっていても、

ついつい増えてしまいますね。

 

 

JUGEMテーマ:気になること

 

 

♪め組の人の歌詞に出てくる

「いなせ」とは何か?

 

 

ヤフー知恵袋などの情報によると、

 

*************

 

これは江戸後期に流行した

「鯔背銀杏」いなせいちょう

という髪型に由来するらしい。

 

幕末のころに流行った髪型のようで、

頭頂部に乗せるちょんまげ部を、

わざと中心からずらす感じとのこと。

 

遠山の金さんの

遊び人バージョンの時は、

たしかにちょんまげがずれていましたね。

 

鯔(いな)とはボラの別名。

ちょんまげの曲がった感じが、

鯔の背に似ているので鯔背。

 

このような髪形をして、

おしゃれをしている若者を、

いなせな若い衆と呼ぶように

なっていったようです。

 

ちなみに、

小粋な女性に対しては、

いなせの表現は使わなかったようで、

 

お侠(おきゃん)とか、

侠(きゃん)とか言っていたそうです。

 

キャンキャンなんかは、

このへんから来てるのかも(笑)

 

 

JUGEMテーマ:気になること