google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

フェルメール展が、

上野の森美術館で

開催されているのですね〜。

 

フェルメール作品をオマージュした

衣装や風俗が満載という映画、

「チューリップ・フィーバー

      肖像画に秘めた愛」

というのも公開され始めたそうです。

 

 

豪商と愛のない結婚をしたヒロインは、

夫が彼女の肖像画を依頼した画家と

恋に落ちる。という話らしいですね。

 

観てみたいけれど、この地域には

この映画は来ないのかもなぁ・・・。

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

10.11月といえば、

抜け毛の増える時期でございます。

 

 

漢方の書によれば、

髪の育成のためには、

血の量や血流が大切で、

 

血を造るのには「夏」がいい、

とのことで、タンパク質補給が重要。

 

春頃に、この情報を得て、

夏に例年よりも、よく豆や肉を

食べるようにしてみました。

 

実験ですね。

 

これが効果があったのか、

現在、抜け毛の季節に入っているのに、

抜け毛がとても少なく済んでいます。

 

おどろき。

 

今まで、いかに炭水化物中心

だったかということですね。

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

先日の台風、風の強い日、

鳩が雨宿りならぬ、風宿りしてました。

 

 

調べてみると、この鳩さんの名は、

雉鳩/キジバト(別名:山鳩)

 

「ほーほーーほっほー」

の鳴き声でおなじみですね。

 

昔から日本に生息していた種らしい。

 

いっぽう、首が緑のタイプの名は、

カワラバト(別名:ドバト)

 

外国で家畜化されていた鳩が、

日本に持ち込まれ、再び野生化した、

という歴史らしいですね。

 

しかも、平安時代にはもう

日本にいたそうです。

 

今朝、どうやら巣づくりを

はじめたようなので、

木の安全確認を兼ねた

風宿りだったのでしょうかね。

 

 

 

JUGEMテーマ:今日の日記

 

ついにあたくしも、

演歌が聞ける年齢になったようだ。

 

本日、

初めて演歌をダウンロードして、

うれしげに聞いている。

 

 

演歌の歌手の人は、民謡の流れを

汲んでいるのか?

声帯の使い方がお上手!

 

若い時の八代亜紀氏や石川さゆり氏。

坂本冬美氏の最近のカバー曲など、

しばらく聞いて分析するつもり。

 

まず、声質が素敵なところがいい。

そして、若い時の録音は、

節回しも安定していて、

とても聞きやすい〜。

 

あたくしの勝手な分析では、

平均的な歌手は、

得意な音域だけ上手で、苦手な音域が

崩れてしまっている人が多く、

バックの音でごまかしたりしてるけれど、

 

上手な方の場合は、

ご本人が苦手であろう音域も、

しっかり歌いあげてくれている。

 

後は、声を張るところをしっかり

張ってくださるので、気持ちがよい。

 

最近では、八代亜紀氏はJAZZ、

石川さゆり氏は有名アーティストと

コラボした曲のアルバムを発表

しているようだ。知らなかった。

 

「表現する」ことを、

長く続けている皆さんは、

とても素敵だ。

 

 

JUGEMテーマ:今日の日記

 

上野動物園に行ってきた、

というお客さまがいらっしゃいました。

 

こちらにはいない動物が

見れたとのことで、

ご満悦のご様子でした★

 

 

やはり、

シャンシャンは2時間待ちとかで、

パンダはあきらめたそうです。

 

あたくしは、幼稚園〜小3年まで、

東京の文京区に住んでおりましたので、

上野ZOOには、何度か遠足で行ったり、

家族と行った記憶があります。

 

あたくしの頃は、

ランラン・カンカンや、

ホワンホワンの時代です。

 

当時、いつ行っても、

人だかりが激しく、

パンダの顔は見れた覚えがなく、

背中の黒白の色が見えた、

という記憶しかありません。

 

混み合っているので、

先に進まねばならず、

立ち止まって見れなかったわけです。

 

そういう点では、

地元、砥部ZOOに夕方ごろに訪れると、

獣舎に入った動物たちを近くで

じっくり観察できますので、

大分お得感がありますね。

 

東京にいるころにはありえなかった

距離で動物を見れるようになった

わけでございます。

 

ありがたいことです。

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。