首がこっている人が多い件

  • 2018.01.19 Friday
  • 22:38

 

日々、いろいろなお客さまの肩を

マッサージさせていただいておりますが、

首がこっている人がホント多いですね。

 

 

原因をいろいろ調査してみますと、

・スマホ

・ゲームや動画好き

・読書好き

・手芸が好き

・湯船につかっていない

 というデータが浮かび上がります。

 

ストレートネックに要注意です。

 

ちなみに、

1時間おきに首のストレッチを

するのを習慣づけるといいそうです。

 

 

あと、多いのが、

・視力が悪い方

・老眼で見えにくい

・目に持病のある方

 という眼からきてるタイプですね。

 

目が悪くてパソコン仕事、

という方はWでこりやすくなって

いるようです。

 

 

この時期は「冷え」が

首のコリの引き金になりやすいので、

首に巻き物をしたり、湯船につかるのが

基本ではないでしょうか。

 

 

毎日湯船につかっているんだけど・・・

という方でもコリッコリの人がいます。

 

・下半身が冷える環境で日々過ごしている

・血のめぐりが悪い体内環境になっている

・筋肉不足で猫背になっている

・日中同じ姿勢を続けすぎ

 などが原因なのかもしれません。

 

 

JUGEMテーマ:気になること

集中力

  • 2017.11.11 Saturday
  • 23:44

 

脳の覚醒リズムである

サーカディアンリズム。

 

脳の覚醒は、

朝6時からじょじょに目覚めはじめ、

9時頃には一気に高まる。

 

そして、

覚醒度は、昼前にピークに達する。

 

 

なので、

集中力が必要な仕事や勉強は、

午前中に済ませる方がよいとのこと。

 

午後6時〜7時にも、

再び上昇に転じるリズムがあるので、

このあたりでも集中力が必要な仕事を

片付けてもいいとのことだ。

 

いっぽうで、夜9時からは

だんだん覚醒度が下がっていき、

明け方に向けて最低ラインに達する。

 

よって、

夜9時以降は複雑な仕事には向かない

ということらしい。

 

 

仕事が終わったあと、夜9時以降に

よく考え事をしようとしても

いつもうまく集中できないのは、

バイオリズムに即していないから

だったようだ。

 

 

JUGEMテーマ:気になること

シャンプーは、洗剤に着目して選びましょう

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 23:15

 

シャンプーの成分で重要なのは

洗剤の種類だと思います。

 

(洗剤とは、界面活性剤のことですね)

 

シャンプーは、

何種類かの界面活性剤を

MIXして作られています。

 

その洗剤の組み合わせが、

お客さまの髪に合っているか?

ということを考慮しながら、

日々シャンプー剤選びの

アドバイスをしております。

 

たとえば、

サルフェート系といわれている

硫酸系化合物の洗剤が

メインで使われていると、

洗浄力が強いといわれていますので、

 

・ダメージのある髪の人

・傷みやすい細い髪の人

・乾燥が気になる人などは、

ご使用を避けた方が良いと思います。

 

洗浄力が強めということは、

髪の油分をなくしてしまう作用

強い可能性があり、髪がじょじょに

ダメージを負ってしまいます。

 

カラーの色落ちも早くなります。

寝癖も付きやすく、収まりも悪い

 

パーマカラーや、

日々アイロンをしているような髪は、

油分が少なくなっていますので、

特に注意してほしいですね。

 

薄毛につながるという説も

あるので要注意です。

 

サルフェート系は、

安価シャンプーの成分によくみられます。

硫酸という文字が表示されています。

 

外資系のシャンプーに多いですね。

 

脂症のような頭皮に脂が多い人なら、

よい場合もあるといわれていますが、

逆に脂が増える可能性もあるので

一概には言えません。

 

 

他にも、石けん系コハク酸系

の洗剤というのがあり、

皮膚にやさしいことで有名ですが、

同じく洗浄力は高く、髪の油分を

少なくしてしまうことが多いようです。

 

皮膚の弱い方がよく使用されています。

ちなみに石けん系は、

エーテルカルボン酸という表示ですね。

 

頭皮に良くても、髪の方は

乾燥してしまう洗剤なので、

トリートメントは補修効果の

かなり高いタイプを使った方が

仕上がりのバランスと思います。

 

 

洗浄力が強めの洗剤は、

・硫酸〜

・オレフィンスルホン〜

・パレス〜

という成分表示がされています。

 

 

★逆に洗浄力がマイルドなのは、

・グルタミン酸〜

・アラニン〜

というアミノ酸系の洗剤ですね。

 

☆ちなみに、

・〜サルコシンという表示

こちらはアミノ酸系ではあっても、

洗浄力が高めのようです。

 

 

補助剤としてMIXされている

・タウリン〜

・ベタイン〜

などはしっとりさせる洗剤。

 

 

さらに美容室のシャンプーには、

・PPT系(コラーゲンとかシルクなどの表示)

という髪を補修する洗剤

MIXされていたりします。

 

これが入っていることで、

髪のダメージ補修力がUPします。

 

と言っても、傷みを完全修復

することは出来ないとは思います

 

美容室シャンプーは、

高価なPPT系やアミノ酸系を

主剤にすることによって、

市販品よりお値段が上がる

そういった仕組みのようです。

 

 

シャンプーは、カクテルのように

さまざまな洗剤がブレンドされています。

 

たとえば、アミノ酸を

うたっているシャンプーでも、

成分をよく見てみると、

せっけん系が混じっていたりしますので、

髪質によっては乾燥させてしまう場合も

あります。

 

また、

髪質は人それぞれ違いますので、

友達に薦められたからといって、

自分に合うとは限りません。

 

シャンプージプシーの人は

多いですが、シャンプーに

くわしい美容師を見つけたら

どんどん相談してみてください。

 

 

JUGEMテーマ:ヘアケア

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM