「間欠的ファスティング」について調べてみた

  • 2017.12.15 Friday
  • 15:11

 

気になるキーワード

 

「間欠的ファスティング」

 

というのを

見つけたので調べてみたところ、

 

 

最低12時間程度の

食事を摂らない時間を意図的につくる、

という一時的な断食のことでした。

 

 

資料によりますと、

 

糖質制限だけで

痩せることができないのは、

ホルモンバランスのことを

考えていないことが原因。

 

糖質制限していても

食事すればインスリンが分泌されます。

 

インスリンは、

脂肪代謝を抑制してしまうホルモン

とのことなので、

間欠的ファスティングを行うことは

ダイエットにつながるのだとか。

 

 

もうひとつの注目点は、

 

ファスティング中、

・成長ホルモンの分泌が進む。

・体内のリサイクルシステムの

 オートファジー機能が向上する。

とのことなので、

脂肪燃焼や組織の修復が

盛んに行われるようになるそうです。

 

他にも、

・ミトコンドリアの機能改善

・脳の機能向上など

さまざまな効果があるようです。

 

 

 

ファスティングには

炎症作用を抑制する効果もあるようです。

 

逆説でいえば、

暴飲暴食を繰り返していると、

体や皮膚に炎症が起きてしまう

ともいえるのではないでしょうか?

 

 

実際の間欠的ファスティング法では、

さまざまな断食期間があるようです。

 

中でも試しやすそうなのが、

「16:8ファスティング」

 

一日のうち8時間だけ食べる。

それ以外の16時間は食べない。

というもの。

 

まさにラマダンですね。

 

例:

朝食を抜き、昼12時に食べ、

20時までに夕食を摂り、

その後は昼まで食べない。

 

 

JUGEMテーマ:健康

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM