google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

本日は、旧暦の2/13。

満月になるのは、旧暦の15日なのだとか。

知らなかったな〜。

 

 

風水の書でいろいろ調べていたら、

炭を部屋に置くような浄化法の間違い

について書いてありました。

 

家や店でも、短めの炭を2〜3本置いて、

浄化しているつもりになっていましたが

これは全く効果がないそうです。

 

たとえば6畳の広さで、

備長炭15〜20塢要だとか。

ひえ〜。

 

炭2〜3本でも効果があるのは、

テレビなどのそばに置く方法。

これは、電磁波を防ぐそうです。

 

部屋の隅に置いて、空気の浄化や

湿気取りに使えますが、先述の通り

少量では効き目は弱いそうです。

 

ちなみに、

炭より備長炭の方が浄化の力は強く、

さらに中国産より国産の方がよく、

中でも紀州産が一番風水効果が

高いのだとか。

 

JUGEMテーマ:日常

 

風水の書によると、

 

「氣」は雲氣である。

雲は山川の氣である。

 

 

山川とは「地」のこと。

地の氣が蒸発すると、雲になる。

 

雲は天の氣によって雨になる。

 

氣という字は、雲を象徴的に

当てはめたもので、中にある米は、

四方八方、つまり宇宙を表し、

氣は宇宙・万物に存在する力である

ことを表しているのだとか。

 

「気」の文字では、中を〆るので、

広がりを持たず、本来の意味を成さない。

 

そんなこんなで、風水では、

氣の文字を使用するらしい。

 

 

JUGEMテーマ:気になること

 

ストーンマーケットで、

ホワイトセージをゲット!

 

ネットの情報をコピペしますと、

 

************

 

ホワイトセージは、

ネイティブアメリカンたちの間で

自然界の構成である四大元素

「風」「火」「水」「土」の

エレメントの「土」に例えられ、

 

 

古くから儀式や祈りの場で捧げられる

神聖なハーブとして空間や人、物を

浄化する時に「スマッジング」

という方法で使われてきたそうです。


火を焚く行為自体に

『邪気を焼き尽くす』

という意味があるそうです。

 

****************

 

さっそく部屋の浄化です。

 

1枚の葉っぱに火をつけてすぐ消し、

煙を焚いてお皿に置き、

部屋の出入り口から反時計回りに

部屋全体を回るとのこと。

 

実際にやってみますと、

急に煙が多くなる場所もあり、

ここには邪気がたまっているな、

と説明書にあるとおりに

想像してみたりしました(笑)

 

そして、ポイントはこの後で、

 

煙と一緒に邪気が出ていく

とのことなので、換気で煙を

逃がすのが大切なようです。

 

 

次に、長い間、

浄化できていなかった

パワーストーンも浄化です。

 

ホワイトセージの煙に、

石を数秒間かざすという方法。

 

 

何より煙を吸った鼻の穴が

一番浄化された感じでしたね。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般