google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

昨日の夜は、満月。

 「フラワームーン」でした。

  (花の咲く頃の満月という意味らしい)

 

 

月は、太陽の光を、

 夜にも届けてくれる

   鏡の役割でもあるそうですね。

 

月の満ち欠けは、

 コンスタントに行われているので、

    なんだか安心感をもらえます。

 

宇宙飛行士の野口氏曰く、

スペースコロニーの孤独な環境で

 過ごすときに、安心感を得るためには、

日々のルーティンを決めてそれを

   淡々と行うのがよいとのこと。

 

外出自粛のあまり出かけれない中で、

気持ちを憂鬱にさせない対策として、

   ルーティン実施は良さそうです。

 

世界中で新型コロナと

 戦っている方々に、感謝いたします。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

脳波」とは何か?

 

ウィキペディアによれば、人や動物の

脳から生じる電気活動を、様々な場所に

設置した電極で記録したもの。

 

 

詳しい資料を読んでも、

 ほとんど理解できない難しさ。

 

恐らく人間は、体に命令を出す時

だけでなく、無意識の状態の時にも、

脳内の周波数をいろいろと使い分けて、

脳のパフォーマンスを効率良く

引き出せるようになっているのではないか。

 

●日常の作業や活動中はベータ波が出現。

 ネガティブな感情の時や緊張時にも、

         出現しているそうだ。

 

アルファ波は、リラックス時に出現。

 穏やかに集中している時だそうだ。

 目を閉じるだけでアルファ波が出現、

 というのも面白い。 まるで、

 スマホがスリープ状態になったとき、

 無駄な電力を抑えている感じに似ている。

 

●夢を見ず深く寝ている時は、デルタ波

 電源オフ状態という感じだろうか。

 

●僧が瞑想状態に入ると、シータ波

 発生すると、昔聞いたことがある。

 

シータ波発生時に、ガンマ波という

 脳波も発生しているときがあるという。

 好きなことをしている時に、

  ガンマ波は発生するそうだ。

 

●脳波をイメージするのに良いのが、

       アプリを利用すること。

それぞれの波形の音を出してくれるので、

自分の脳波チャンネルを合わせやすい。

 

 

●あたくしの実際の活用法は、

 仕事終わりにガンマ波付きの音楽

 聞いて、頭をクリーニングし、

 その後シータ波+音楽を聞きながら、

 インスピレーションを得たり、

 作成物や事務作業に取り組んでいる。

 

 

 

 

 

量質転化

昔習った、心に残る言葉です。

 

 

コツコツ量をこなしていくうちに、

     だんだん質が向上していく。

質が向上してくるとスピードが上がり、

  量をこなせるようになる、という

     好ループが生まれる法則です。

 

スポーツ・ビジネス・勉強・会話など

いろいろなことに応用できる法則です。

 

 

●これに少し似た新しい言葉で、

 「アップデート主義

  というのがありますが、

   最近気に入ってる考え方です。

 

自分自身、昔は最初から

パーフェクトなものを作ろうとして

時間をかけすぎ、締切に間に合わない!

         というタイプでした。

 

アップデート主義では、

重要なものにしぼって、まず発表しておき、

後からどんどん改良を重ねたり、

付け足していってどんどん良くしていく、

という考え方です。

 

さらには、いろいろな人の

アドバイスを参考にしてグレードを

徐々に上げていくのですね。

今のネット時代には、ぴったりです。

 

 

●本の読み方や勉強法も、最近は

  アップデート主義に変えました。

 

・まずは目次を見る(全体把握)

・初回は速読する

・次からは少しゆっくりと読む

・その後も何度も読み返す

 

これでだんだん自分に知識が

    刷り込まれていきますね。

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。