google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

若返りの書によると、

 

私たちが老化と呼んでいる現象は、

実は加齢の結果ではなく、

「衰え」なのだとか。

 

 

加齢から逃れることはできないが、

衰えはある程度遅らせることが

できるとのこと。

 

若さを保つキーワードは、

・運動

・栄養

・参加

 

座ったままのことが多く、

社会との接触から身を引き、

食事はいつでもどこでも手に入る

ような生活を続けていけば、

 

からだは「動かなくてよい」

という信号を受け取る。

 

すると新陳代謝を落とし、

脳と肉体を衰弱モードに切り替える。

 

つまり老化が始まる(怖)

 

 

「若さを保つキーワード」

 

1、適度に体を動かすこと

 

2、バランスの取れた規則

  正しい食事(だらだら間食はNG)

 

3、社会参加で人とのつながりから

  刺激を受けること

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

冷えの症状は、末端の冷えが一般的。

 

体温が36℃以上あっても、

冷え性の場合もある。

 

 

体温が36℃以下だと、

内臓が冷えている可能性が高い。

 

内臓の冷えは自覚しにくいが、

手足がほてったり、顔が赤くなって

上半身に汗をかきやすいなどの

症状が出る。

 

内臓が冷えると消化や代謝が悪くなり、

卵巣も冷えて血行がわるくなるため、

生理痛が重ければ内臓が冷えている

可能性がある。

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

 

花粉症のお客様が、

いっきに増えてきた今日この頃です。

 

 

症状が鼻に出るときは、

長ネギ・ショウガ・くず・ハッカ。

 

気管支に出る場合、

シソ・ギンナン・ユリ根。

 

アレルギー性の疾患全般に言えるのは、

・血を汚す食品

・刺激の強い香辛料

を避けることが大切だそうです。

 

これらは目鼻・のどの炎症を

悪化させるからとのこと。

 

そして、つらいことですが,

甘いものも粘膜を充血させやすく

するので避けましょうとのこと。

 

発酵食品や野菜中心にせよと

いうことですかね〜。

 

チョコをやめれるのは

いつのことやら・・・。

 

 

JUGEMテーマ:健康