google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

東洋医学の書によると、

秋になると肺が弱り、

風邪をひきやすくなる。

 

大腸が乾燥して便秘になりがち、

とのこと。

 

 

そして、

日照時間が減ることもあって、

気分が落ち込みがちになるとのこと。

 

気分の落ち込みへの対策には、

1、太陽光を意識して浴びること。

、幸せホルモンの原料を含む

      味噌や大豆を摂ること。

 

お味噌は血を増やす効果もあり、

更年期の不調にも効く食材のようです。

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

 

 

 

40歳からは、

たんぱく質の摂り方を変える。

 

人生後半になると、

体のたるみが気になってくる。

 

筋肉の衰えを放っておくと、

将来寝たきりになることに

つながる可能性もあるとのこと。

 

 

筋肉の主成分⇒ BCAA

 

肉、マグロの赤身、秋刀魚、納豆、

高野豆腐、卵から摂取できる。

 

 

その代謝を助けるのは⇒ ビタミンB6

 

鶏、マグロ、カツオ、鮭、秋刀魚、

イワシ、にんにく、バナナに含まれる。

 

 

日本人はたんぱく質の消化力が低く、

摂りすぎは腸内腐敗の大きな原因。

 

たんぱく質の摂りすぎは、

唾液の性質を変えてしまい、結果、

骨をもろくすることにつながる。

 

肝臓、腎臓にも負担をかける。

 

夕食には、できるだけ消化しやすい

低脂肪のものを摂るとよい。

 

夕食のたんぱく質は、

魚や大豆製品から摂るのが適している。

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

子供さんの近視の原因は、遺伝。

 

そして「環境による原因」は、

暗い所で本を読んでいるから、

というのが通説ですが、

 

 

「日光に当たる時間が短すぎる」

ということも、近視の原因のひとつだ、

という研究結果があるそうです。

 

2015年の中国の研究では、

外に出て、2時間以上遊んでいる子は、

近視の割合が少なかったそうです。

 

逆に2時間以上、テレビやゲームに

費やす子ほど近視が起きやすい結果

だったとか。

 

ただし、この猛暑の中、外で遊ぶ、

というのもなかなか困難では

ありますよね。

 

 

JUGEMテーマ:健康