google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

●さまざまな健康の書から

  搔き集めた情報のおさらい。

 

 

1、内股をよく伸ばすことで、

  視力の低下を防ぐことにもなる。

 

2、老化とは、ホルモン分泌が

  衰えるところにその一因がある。

  ホルモンの流れをよくするには、

  左右に体をひねる動きをすること

 

3、精神の老化が起きるのは、

  新しいことを始めるのが

  面倒臭いと思ったときから。

 

4、胃腸の力を助けるのは、甘み。

  ただし、摂りすぎれば副作用が起きる。

 

5、筋肉は眠っているときに、

  合成が行われているらしい。

  鉄分は筋肉に蓄えられているので、

  筋肉が少ないと貧血になる傾向も。

 

6、40〜60歳の間は、筋肉が

  痩せないように維持すること。

  60歳からは筋肉をできる限り

  使わないようにして、

  頭脳労働をするべきです。

 

7、楽して得しようとすると、

  霊界はすぐに警告として、

  病気を発生させるらしい。または、

  事故や末期ガンというケースも。

 

8、一日に10〜20分程度、音読すると、

  認知症が改善されるらしい。

 

9、冷え性+脂性肌=下痢気味

  冷え性+乾燥肌=便秘気味

 

10、下腹ぽっこりは、血が造れていない。

   内臓下垂が原因らしい。

   早食いをやめ、筋肉を鍛えること。

 

JUGEMテーマ:健康

 

お客さまからの差し入れ・

モンブラン・プリン頂きました。感謝

 

 

ここ数日、風邪のお客様が増えています。

インフルに感染したという方は、

      幸い、まだいませんね。

 

以前、聞いた話では、紅茶を飲むと、

インフルエンザ・ウィルスの感染性を

           失わせるらしい。

 

紅茶は発酵させている茶葉。

 

発酵過程でカテキンが変化していき、

紅茶ポリフェノールが生まれる。

このポリちゃんが強いらしい。

 

この説に、懐疑の声も

挙がっているようですが、

あたくしは素直に信じて、

紅茶をすすりつつ、

この記事を書いております。

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

 

お腹の冷えを取り、腸を動かす。

「カイロサンドイッチ法」は、

とても心地良く、働きながらにして、

腰回りだけ温泉に浸かっている感じ。

あたくしは、昨年から導入しています。

 

 

漢方の書からの情報ですが、

●前側はへその下・指4本分辺りに貼る

●後ろは仙骨の上に貼る・お尻の割れ目の上

 

仙骨の辺りに貼ることで、靭帯で

つながっている子宮を温めることにも

つながるのだとか。

 

●便秘・下痢などの腸の改善

●婦人科系トラブル・冷えの対策

 

なお、低温やけどには注意のこと。

寝る時、布団の中ではしないように。

 

 

JUGEMテーマ:健康