梅雨 ⇒ 湿邪

  • 2017.06.23 Friday
  • 01:44

 

東洋医学によると、

本格的な梅雨に入ると、

蒸し暑くなり、「湿邪」が

活発になるとのこと。

 

 

湿邪は水虫などの

湿性の皮膚疾患、

次に筋肉や関節に影響する。

(関節炎)

 

これが体内に侵入すると、

胃腸が弱る。

(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)

 

腎・膀胱に影響が

及ぶ時もある。

(膀胱の疾患)

 

 

「季節の健康管理」

 

・除湿に気を付ける

・利尿作用のある小豆の煮汁・ハトムギ、

 発汗作用のある生姜・長ネギなどを摂る

・冷たい飲み物を多く摂らない

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

聞診

  • 2017.04.21 Friday
  • 17:26

 

東洋医学の本を

読んでいると、

診察方法の一つに、

「聞診」というものが

あるそうです。

 

 

聞診とは、

患者さんの声や呼吸、

せき、体臭や口臭など、

聴覚と嗅覚による診察です。

 

それぞれ、

なるほどと思うことばかり。

 

1、声が弱く途切れがち

  ⇒気の不足(気虚)

  特に肺の気が不足と考えられる.

 

2、声がかすれている

  ⇒肺が熱を帯びて乾燥している.

 

3、荒い呼吸

  ⇒体に熱がこもって、呼吸器系に

   障害が起こっている.

 

4、乾いた咳

  ⇒肺が乾いて熱を帯びている.

 

5、痰がからんだ咳

  ⇒肺が冷えて、痰濁(病的な水)

   が肺をふさいでいる.

 

6、酸っぱいにおいの口臭

  ⇒胃の機能が低下して、

   胃に未消化物がたまっている.

 

7、腐ったにおいのの口臭

  ⇒歯周病や口内炎など、

   口の中に異常がある.

 

 

非常にためになる情報ですね。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

硬い筋肉にご用心

  • 2017.01.15 Sunday
  • 13:27

 

非常に寒いここ最近。

やはり、こんな時は

肩コリに要注意だ。

 

 

筋肉が硬くなると

血流が悪くなったり、

リンパも滞りやすくなって

むくみや冷えにつながるそうな。

 

寒いと運動不足になりがちだし、

あたくしの家のように古い家屋だと

部屋が寒くて寝不足にもなる。

 

また、忙しさで

疲労が蓄積していたり、

ストレスがかかっていたり

しても筋肉は硬くなるそうな。

 

ストレスで自律神経が

不安定になることで、

交感神経が高ぶり、

筋肉を収縮させてしまうとか。

 

筋肉が硬くなってしまうと、

血管が圧迫されて循環が悪くなり、

筋肉に乳酸などが溜まり、

筋細胞が栄養不足・酸欠になる。

 

首から肩にかけて、

筋肉がこっていると、

頭部にいい血が来にくく

なるので、髪や頭皮の育成に

影響が出てしまうのだ。

 

日常で出来ることは

いろいろあれど、やはり

美容室ではヘッドスパが

効果的だ。

 

炭酸のシャンプー剤は、

頭部の血流促進効果があり、

マッサージもじっくり行うので、

オススメである。

 

 

JUGEMテーマ:健康

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM