聞診

  • 2017.04.21 Friday
  • 17:26

 

東洋医学の本を

読んでいると、

診察方法の一つに、

「聞診」というものが

あるそうです。

 

 

聞診とは、

患者さんの声や呼吸、

せき、体臭や口臭など、

聴覚と嗅覚による診察です。

 

それぞれ、

なるほどと思うことばかり。

 

1、声が弱く途切れがち

  ⇒気の不足(気虚)

  特に肺の気が不足と考えられる.

 

2、声がかすれている

  ⇒肺が熱を帯びて乾燥している.

 

3、荒い呼吸

  ⇒体に熱がこもって、呼吸器系に

   障害が起こっている.

 

4、乾いた咳

  ⇒肺が乾いて熱を帯びている.

 

5、痰がからんだ咳

  ⇒肺が冷えて、痰濁(病的な水)

   が肺をふさいでいる.

 

6、酸っぱいにおいの口臭

  ⇒胃の機能が低下して、

   胃に未消化物がたまっている.

 

7、腐ったにおいのの口臭

  ⇒歯周病や口内炎など、

   口の中に異常がある.

 

 

非常にためになる情報ですね。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

スポンサーサイト

  • 2017.07.13 Thursday
  • 17:26
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする