google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

髪の乾燥を防ぐ目的で、
【ヘア・オイル】を
お使いの場合、注意点があります。



髪全体にオイルを
つけるのではなく、
毛先のくし通りが悪く
感じる場所だけに
つけることをオススメします。


髪が生えてから
一番時間が経ってダメージを
うけているのが毛先です。

毛先にいくほど
シャンプーやドライヤーを、
何度も何度も行った歴史があります。

ですから、毛先にいくにしたがって、
油分が流出してしまっていると
考えられます。

そこで、
油分補給が必要になるので、
オイルを使おう☆となりますが、

でも、まずそこはオイルではなく、
ミストやミルクのトリートメントを
全体につけて潤いを与えるように
することが先決です。
それでもなお、からんだり
ざらつきを感じたりする毛先には
オイルを少量つけ足すような
ケアが良い思います。


ちなみに、シャンプー後から
時間とともに自分の皮脂が
じょじょに出ています。

ですから、
オイルをつけすぎた場合、
油分に皮脂が重なってきて、
質感がオイリーになってしまう
確率が上がってしまいます(笑)

脂性の肌質の人は、特に要注意です。

 
コメント
コメントする