google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

シャンプーの成分で重要なのは

    洗剤の種類だと思います。

(洗剤とは、界面活性剤のことですね)

 

シャンプーは、

 何種類かの「界面活性剤」を

  MIXして作られています。

 

その洗剤の組み合わせが、

 お客さまの髪に合っているか?

ということを考慮しながら、

 日々シャンプー剤選びの

  アドバイスをしております。

 

,燭箸┐弌

 サルフェート系といわれている

  硫酸系化合物の洗剤がメインで

   使われていると、洗浄力が強い

        といわれていますので、

 

・ダメージのある髪の人

・傷みやすい細い髪の人

・乾燥が気になる人などは、

 ご使用を避けた方が良いと思います。

 

洗浄力が強めということは、

 髪の油分をなくしてしまう作用

 強い可能性があり、髪がじょじょに

     ダメージを負ってしまいます。

 

カラーの色落ちも早くなります。

寝癖も付きやすく、収まりも悪い

 

パーマカラーや、

日々アイロンをしているような髪は、

 油分が少なくなっていますので、

    特に注意してほしいですね。

 

また、薄毛につながるという説も

       あるので要注意です。

 

サルフェート系は、

安価シャンプーの成分によくみられます。

   硫酸という文字が表示されています。

 

外資系のシャンプーにも多いですね。

 

脂症のような、頭皮に脂が多い人なら、

よい場合もあるといわれていますが、

  逆に脂が増える可能性もあるので

         一概には言えません。

 

 

他にも、石けん系

 コハク酸系の洗剤というのがあり、

皮膚にやさしいことで有名ですが、

 同じく洗浄力は高く、髪の油分を

 少なくしてしまうことが多いようです。

 

皮膚の弱い方がよく使用されています。

ちなみに石けん系は、

 エーテルカルボン酸という表示ですね。

 

この2種は、頭皮に良くても、

 髪の方は乾燥してしまう洗剤なので、

トリートメントは補修効果の

 かなり高いタイプを使った方が

  仕上がりバランスが良いと思います。

 

 

なるべく使用を控えた方がよい

 洗浄力が強めの洗剤は、

・ラウリル硫酸〜

・ラウレス硫酸〜

・オレフィンスルホン〜

・パレス〜

・ラウリルベンゼンスルホン〜

 という成分表示がされています。

  

●頭皮には優しいけれど、

 髪がパサつく恐れありの洗剤は、

・エーテルカルボン酸〜

・スルホ・コハク酸〜

 

 

5佞洗浄力がマイルド

      オススメの洗剤は、

・グルタミン酸〜

・アラニン〜

・タウリン〜

・グリシン〜

 というアミノ酸系の洗剤ですね。

 

 

い舛覆澆法要注意なのが、

・〜サルコシンという表示成分です!

 

こちらはアミノ酸系ではあっても、

 洗浄力が高めのようですので、

  こちらがMIXされているのは、

      オススメできませんね。

★アミノ酸配合シャンプーと

  うたっていても、髪は傷みやすい!

 

 

ナ篏剤としてMIXされている

・ベタイン〜

 などはしっとりさせる洗剤。

 まとまりをよくするシャンプー

       良く配合されています。

 

 

Δ気蕕鉾容室のシャンプーには、

PPT系(コラーゲンとかシルクなどの表示)

 という髪を補修する洗剤

  MIXされていたりします。

 

 これが入っていることで、

  髪のダメージ補修力がUPします。

 

と言っても、髪の傷みを完全修復

 することは出来ないとは思います

 

美容室シャンプーは、

 高価なPPT系やアミノ酸系を

 主剤にすることによって、

 市販品よりお値段が上がる

  そういった仕組みのようです。

 

 

シャンプーは、カクテルのように

さまざまな洗剤がブレンドされています。

 

たとえば、アミノ酸をうたっている

シャンプーでも、成分をよく見てみると、

 せっけん系やサルコシンが混じって

 いたりしますので、髪質によっては

   乾燥させてしまう場合もあります。

 

また、

髪質は人それぞれ違いますので、

 友達に薦められたからといって、

    自分に合うとは限りません。

 

シャンプージプシーの人は多いですが、

シャンプーにくわしい美容師を見つけたら

     どんどん相談してみてください。

 

 

JUGEMテーマ:ヘアケア

コメント
コメントする