google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

東洋医学の書によると、

肩こりの原因は3つに分けて

考えるとのこと。

 

 

1、瘀血(おけつ)

2、気滞

3、風湿

 

 

◎瘀血が原因の肩こりの場合

 

・下半身を冷やさないようにする

・首や肩の血行をよくする治療をする

 ことがポイントです。

 

お客様の中でも、

下半身が冷えているという人は

とてもたくさんいらっしゃいます。

 

これからの季節は下半身の暖め

重要ですね。

 

湯船につかってない人も心配です。

足湯でも効果的とのことなので、

気をつけて頂きたいと思います。

 

貼るカイロも冷えにいいですね。

 

瘀血とは、ストレス不摂生

婦人科系の代謝不全等で起きる、

血に粘り気が出て、

流れが悪くなったような状態。

(様々な病気の元)

 

ベニバナ、サフランが効くそうです。

 

次に、

◎気の滞りが原因の肩こりの場合

 

・イライラや緊張によって肩こりを

 起こすため、

 気の流れを改善する治療を施す

 とのことです。

 

つまり、

精神的な側面で考えるという

ことでしょうか?

 

今夜のように急に寒くなった、

忘年会で食べ過ぎが続いた、

忙しさで休みが取れない、などが

原因で気が滞る感じでしょうか。

 

マインドフルネス、

アンガーマネジメントなどが

キーワードですね。

 

どうやらストレスに効く漢方薬

ちゃんとあるようです。

 

イライラからくる肩こりには、

沈静作用のある紫蘇葛湯

加えるとよい。

 

 

最後に、

◎風湿の邪による肩こり

 

風邪(ふうじゃ)

 汚れた空気:つまりウィルスや菌、

 強い風に当たった時など。

 

湿邪(しつじゃ)

 高い湿度によるもの

 梅雨時期に多いものですね。

 湿気が体内に停留してしまう現象

 だそうです。

 

これらも肩こりの原因となり、

ひどい時は寝違えを起こす。

 

あたくしも、冬場ふとんをかぶらず

寝た時は寝違えをよく起こします。

 

体内に滞っている風湿を、

発汗によって取り除く必要があります。

 

なので、冬にシャワーだけで

済ませている人は要注意ですよね。

 

汗をかかない季節なので、

むくみが起きてる人もいます。

 

生姜湯を飲む。

その時に首や肩にタオルを巻くと

発汗しやすくなるそうです。

 

 

JUGEMテーマ:健康

関連する記事
コメント
コメントする