google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

「髪」の普段のお手入れについて、

お客さまにお伺いしていますと、

いくつかの芳しくない方法を、

発見することがあります。

 

 

「ドライヤーの当て方」

 

お風呂上がり、最初のうちは

ざっと全体に、いろんな方向から

風を当ててよいのですが、

髪が70〜80%乾いてきたら、

風は上から当てるようにしましょう

 

最後まで下から風を当てて乾かすと

キューティクルが逆立ってしまい、

バサバサとツヤのない仕上がりになります。

 

腕を上にあげて乾かすのがしんどい場合は、

腰から体を傾けた体勢で行えば楽です。

 

それでもしんどければ、椅子に座り、

ひざの上にひじを置いて、

体を傾けながら行うと良いでしょう。

 

なお、温風と冷風は交互に

当てるようにすることも基本です。

 

 

 

「コンディショナー(リンス)」

 

シャンプーと一緒に販売されているせいか、

コンディショナーをお使いの方は多いですね。

 

注意すべきは、

カラーやパーマをしている髪の場合、

コンディショナーではなく、

トリートメントをいつも使用する方が

良いという点です。

 

コンディショナーには、

薬液で失われがちな栄養分を、

髪に補充する効果があまりありません。

 

 

 

「髪を乾かさないで寝る」

 

これをしてしまう人の気持ちは

あたくしも良く分かります(笑)

 

しかし、髪と地肌に良くありません。

 

湿っている髪は摩擦に弱く、

パーマやカラーをしている髪は

特に傷みやすい状態です。

 

ですから、寝ている間にこすれたり、

ひっぱってしまうと、髪の中も外も

傷みます。

 

そして、

寝癖もしっかりつきますね。

 

また、

地肌を湿ったままにしていると、

常在菌が増え、頭皮のトラブルや

臭いの原因となってしまいます。

 

 

JUGEMテーマ:ヘアケア

コメント
コメントする