google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

日差しが強い日中。

夜はけっこう寒い。

 

そんなここ数日です。

 

 

美容業界では「紫外線の対策を!」

と、アピールする季節です。

 

髪は顔面に比べて、何倍もの量の

紫外線を浴びているのは有名な話。

 

強めの紫外線は、髪色を変色させ、

パサつき・ゴワつきの原因です。

 

そもそも、これらのトラブルは、

紫外線がキューティクルを傷つける

ことによって生じます。

 

「キューティクル」は、

髪の潤いを保つ働きがあります。

 

強い紫外線でダメージを受け続けると、

キューティクルはめくれ上がり、

やがてはがれ落ちていき、

髪の水分が保てなくなり、

髪がパサパサになっていきます。

 

ちなみに、髪が濡れている時、

紫外線を浴びると、さらに

ダメージは悪化します。

 

夏から秋の間は特にですが、

美容室で行うトリートメントを

定期的に行うとよいですね。

 

家のタイプと違い、髪の内部と

外部に栄養が長く残ります。

 

 

そして、シャンプー剤の見直しです。

アミノ酸とベタインベースの

タイプを使う方がダメージは

軽減できます。

 

洗い流さないトリートメントは、

UVカット効果の高いもの、

パサつきを抑えるものの

併用がオススメです。

 

 

普段の生活での日差しの浴び具合、

旅行などレジャー時の浴び具合、

このふたつの状況に合わせて、

しっかりUV予防とケアを

しっかり行うことをオススメいたします。

 

 

 

JUGEMテーマ:ヘアケア

 

コメント
コメントする