google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

お客様との会話で、

なつかしの「スプーンおばさん」は、

どこの国のお話でしょう?

という謎が浮上しました。

 

 

ヨーロッパっぽいですよね〜?

くらいの予想しかできませんので、

さっそく調べてみますと、

 

原作は、ノルウェーの児童文学作家

アルフ・プリョイセン氏による

童話シリーズ Teskjekjerringa

「ティースプーンおばあさん」で、

 

この原作は英語圏では

Mrs. Pepper Pot

のタイトルで出版されており、

『胡椒瓶おばさん』

と紹介されることもあるとのこと。

 

ということで、お話の舞台は、

ノルウェーということでしょうかね?

 

スプーンおばさんは、

スプーン・ビヨルン

というお名前だそうです。

 

ちなみに「ビヨルン」といえば、

ホビットに出てくる大熊に姿を

変えれるキャラを思い出しますね。

 

ビヨルンとは古ノルド語の

「熊」の意味でもあるそうです。

 

 

 

JUGEMテーマ:気になること

コメント
コメントする