google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

なつかしいアニメ、

「ニルスのふしぎな旅」が、

最近、話題に上がりました。

 

子供の時のアニメは、

内容をあまり理解せずに

観ていたものが多いので、

未だに内容がモヤモヤしている

ものがほとんどです。

 

 

ニルスも、

いろいろモヤモヤ疑問点がある

アニメのひとつですね。

 

なぜ、彼は体が小さかったのか?

そしてどこの国の話なのか?

このふたつが最大の謎。

 

便利なウィキペディアによりますと、

 

スウェーデンの女性作家

セルマ・ラーゲルレーヴが

執筆した児童文学。

 

14歳の少年

ニルス・ホルガションが、

トムテ(妖精)によって小人にされ、

ガチョウのモルテンや

ガンの群れと一緒に

スウェーデン中を旅する。

 

という、あらすじ。

 

ニルスは家畜をいじめてばかりで、

ある日捕まえた妖精にいたずらをして、

罰として魔法をかけられて、

小さくなってしまったという

エピソードを知って新鮮でしたね。

 

旅をしているうちに、

ニルスはまじめな少年に成長し、

元の体に戻ったそうです。

 

ニルスのペットの

キャロットというネズミ的な子は、

はたして何の動物なのか?

 

実写もあるそうなので、

観てみたいものです。

 

 

JUGEMテーマ:気になること

コメント
コメントする