google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

今朝、10匹以上の白鷺と遭遇。

幸運の兆しですね。

 

ただし、この場所のフン被害は

相当なものかもしれません。

 

 

最近改めて知って驚いた道後の伝説。

 

「白鷺伝説」

 

大昔、道後は一面の野原で、

たくさんの白鷺が住んでいたそうな。

 

すねに傷を負った白鷺が、

岩間から噴き出す温泉を見つけ、

その湯に足を浸していたら、

次第に傷が回復し元気になったそうな。

(市原悦子さん風に・涙)

 

これをみた村人たちが、

出湯に浸かってみると、

さまざまな効能があったので、

どんどん口コミが広がったのだそうです。

 

なんと、

駅前のカラクリ時計の横には、

この白鷺が舞い降りたとされる

鷺石」があり、ここを「放生園」

というのだそうですね!

 

昔は魚などを放つ放生池だったようです。

 

鷺の足跡が石に残ってるとのこと。

今まで見逃してました!

 

この白鷺さんといい、

少彦名命さまといい、

石に足跡をつけるなんて

とんでもない脚力ですわ。

 

気になること

#道後村めぐり 13番

コメント
コメントする