google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

春は「自律神経」が乱れる

季節だそうです。

 

 

特に今年は寒い日もあるので、

冷えによって体温が下がることも、

この原因のひとつでしょうね。

*体温が35.5度くらいになると、

 自律神経が乱れます。

 

漢方でいう「肝」が弱る季節。

血液がたっぷり肝に蓄えられていれば

ダメージは少ないとのことですが、

血が不足している場合は、ダメージを

受けてしまうそうです。

 

本来、春が持つ力はデトックスで、

体に閉じこもっていた「氣」が、

外に向かってわき出すような

季節なのだそうです。

 

アクや、苦味のある「山菜」をとり、

体に溜まった毒素を排出します。

また、苦味には自律神経が不安定に

ならないように助けてくれる働きも

あるそうです。

 

JUGEMテーマ:健康

関連する記事
コメント
コメントする