google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

段ボールにひもをくくりつけて、

この取っ手を取り付けると持ちやすい。

さて、この名前は何というのか?

 

 

正確にはわかりませんが、どうやら

「手提げホルダー」というそうです。

 

写真のホルダーは、電器店でつけて

もらったタイプで、デザインがシンプル。

 

馴染みがあるのは、取っ手が波状で、

指の形になっているタイプですが、

それはどうやら、(株)シモジマの

オリジナルブランド・HEIKO(ヘイコー)

      手提げホルダーのようです。

 

HEIKOとは、漢字で「平光

シモジマ創業者の下島平次氏の「」と、

真心込めて作った商品が世界の隅々まで

なだらかに行き渡るようなイメージ・

」にあやかって

  名付けられたんだそうです!

 

子供の時とはデザインが大分

   変ったように感じますね。

 

 

JUGEMテーマ:気になること

 

最近、ふと気になって、

いろんな方に聞いて調査しているのは、

 

サザエさんの昔のお隣さんだった、

 「浜さん一家」を知ってる人と、

 知らない人がいるというについて。

 

 

●ウィキペディアによれば、

 浜さん一家が登場していたのは、

   1978年〜1985年だそうだ。

 

,海隆間に観てた時、

 その方が何歳だったか?によって、

 浜さん一家を知らない可能性がある。

 

●再放送枠・火曜のサザエさんは、

 1975年から〜1997年まで放送。

 

まず、調査していると、

この火曜日のサザエさんを

   覚えていない人が多い。

ちなみに、主題歌を歌ってみると、

 思い出す人もいるし、それでも

     知らないという人もいる。

 

日曜日の放送と、

 火曜の再放送にどれ程の時間差が

 あったかは不明だが、火曜日には

   浜さんを観ていた可能性がある。

 

●三河屋さんの御用聞き・三平さん

この人も、浜さん一家の引っ越しと

同じ回で実家の山形に帰って、

4か月後にサブちゃんと入れ替わった。

 

三平さんは覚えているけど、

 浜さんは知らない、という人もいた。

 この人は、ただ浜さんを忘れて

  しまっているだけなのだろうか?

 

ど猷箸慮ぁΕ献絅蝓次△發靴は、

 娘のミツエさんは覚えている、

 という人もいた。その場合、

 なぜか、浜さんの存在は

 覚えていない人がいるので不思議。

 

タ討厳しくて、TVを観せて

 もらえなかった時期がある人は、

 浜さんを観ていないかもしれない。

 

子供の頃、高知にいた人に聞くと、

 高知ではフジTV系列が映らなかった、

 という情報も得た。当然、その期間

 サザエさん自体を観ていない。

 

Э佑砲茲譴弌浜さん一家の前にいた

 いささか家を覚えているという

 ケースもあった。すごい記憶力。

 私はこの一家を観たことはない。

 

今後も、浜さん調査は続く。

ちなみに、高知ではスケバン刑事2が

映らなかったという事実にたまげた。

 

 

(後日談)

高知出身のお客様によると、

「再放送でスケバン刑事は観たよ」

と、おぼろげな記憶を教えて

       くださいました。

 

高知の人も、なんのの土佐弁を

当時ちゃんと聞いたんですね!

なんか嬉しい。

 

 

JUGEMテーマ:気になること

 

お客様が先日の法事の時に、

お坊さんからお説法を聞いたそうで、

 

南無阿弥陀仏の意味や、

いろいろなことを説明してもらって、

     大変タメになったそうです。

 

 

子供の時は、なんまいだ〜と

    唱えていましたね(笑)

 

さっそく調べてみますと、

南無阿弥陀仏の漢字は当て字で、

 意味はないらしく、古代インド語の

           音写なんだとか。

 

南無とは、

元は「ナモ―」で、ナマスの変形。

礼拝のような意味が転じて「帰依する

     の意味になったのだそうです。

     *帰依とは拠り所にするという意味

 

阿弥陀とは「アミタ」で無量という意味。

          *無量⇒ 量り知れない

 

「南無阿弥陀仏」の意味は、

「あたくしは、

  量り知れない光明・寿命の

    阿弥陀仏に帰依いたします」

 

このお念仏を唱えていれば、

誰でも極楽浄土に導いていただける、

     と、昔社会で習いましたね。

 

実際はもっと深い意味があるようで、

あたくしのような者では

    ちゃんと説明できませんが、

 

阿弥陀仏のおかげで、

苦しみの心から救われて、

 幸せになったことへの感謝

  として唱える言葉なんだそうです。

 

 

JUGEMテーマ:気になること