google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

「自然療法」の

東城百合子氏の書によりますと、

 

 

アレルギー体質とは、

 

新陳代謝がにぶく、

毒素や老廃物が出にくかったり、

血液も酸性になりやすく、

細胞も働きがにぶいといった状態。

 

 

この体質を切り替えるには、

食事を切り替えることが肝心。

 

白砂糖や添加物入りの加工食品を避け、

動物性たんぱく質なども控えめにすること。

 

アレルギー体質の人は、

胃腸・腎臓・肝臓・脾臓

などが弱っている。

 

まず肝臓・腎臓・脾臓の手当てをする。

 

ショウガ湿布・

こんにゃく療法を、1週間交代に行い、

ビワの葉療法などもやって、

体の大切な浄化槽の働きを強める。

 

食事は、

3年以上経った梅干し・たくあん・

自然醸造のみそやしょうゆなど、

長く寝かせてバクテリアが

繁殖しているような発酵食品を

特に気をつけてとる。

 

未精白穀類・ごま・海草・大豆・

ハト麦・黒豆・ゴボウ・ニンジン・

レンコン・玉ねぎ・にんにく・

長ネギ・ニラ・タンポポの葉や根・

ヨモギなどはつとめてとると良い。

 

梅肉エキスも良い。

 

アレルギー体質は、

吸収力が弱いので、

腸を丈夫にするためにも

これらの食事と手当てが大切とのこと。

 

足浴・腰湯なども

ときどきすると良い。

 

全身的な強健を心がけ、

心を養いながら、自然に

感謝して生きる生活をすれば、

体質は大きく変わり、

症状は自然に消えていく。

 

なるほど〜。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

 

最近、このライチのゼリーが

むしょうに食べたくなるのです。

 

 

さて、ライチには

どんな効能があるのか?

さっそく調べてみますと、

 

・「脾」の虚弱を補い、血を養う

津液を生じ、のどの渇きを止める

腹部の張り、脇、肋骨などの痛みを抑える

 

なるほど。

 

これらの効能から予測すると、

最近、胃腸の調子が悪かったのかな?

口内炎できてるし・・・

 

ちなみに、漢字で書くと、

「茘枝」

 

刀が三つ!

 

 

 

JUGEMテーマ:スイーツ


 

頭痛持ちのお客様は、

なんと多いことでしょう。

 

目の奥が痛む頭痛を訴える人も

いらっしゃいますね。

(これは慢性型らしいです)

 

頭痛など起きたことのなかった私も、

歳と共に頭痛がたまに生じる

ようになりました。

 

頭痛は血管の過度の拡張が原因

とありますが、

寒い時は頭痛が起きやすいという

ことですね。

 

同じく筋肉のコリも当然、

頭痛の原因です。

 

 

●東洋医学の書によりますと、

 頭痛の原因は、

 

1、月経などに伴うもの

2、心因性や更年期障害によるもの

3、偏頭痛や緊張型

によるものとのこと。

 

 

偏頭痛や緊張型の頭痛は、

1、気逆

2、瘀血

3、水毒(水分代謝が悪い)

が原因とのことですが、

気血水のすべて当てはまるようです。

 

瘀血ということは、

肩こりも頭痛の原因。

 

なお、突然の激しい頭痛は、

脳の病気も考えられるので、

気をつけてとのことです。

 

 

●頭の片側がピリピリする

 頭痛には、温泉療法が良し。

 

●ズキンズキンと傷む偏頭痛には、

 マッサージやリフレクソロジ―

 が良しとのこと。

 

頭痛のツボが、足にあったりして驚き。

 

あたくしは、ズキンズキン系の

頭痛が起きることが多いですね。

 

 

●薬膳としては、

 

1、瘀血が原因の場合、

     にんにく、クワイ、そば、酢

    血をサラサラにする系ですね。

 

2、不摂生が原因の頭痛には、

  ハト麦、カラシナ、タマネギ、

   大根、タケノコ

 

3、ストレスからくる頭痛には、

  そば、にんにく、ラッキョウ、ミカン

 

4、女性の頭痛には、

  梅も効果的とのことです。

 

 

JUGEMテーマ:健康