google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html


「エゴマ油」を、
健康のために食事に取り入れだして、
10日以上経ちました。

途中、
体重が増えた時期があり、
「なぬっ!?」と思いましたが、
それは単なる食べ過ぎ(苦笑)

その後、食事を適量にし、
体重は戻りました。
一件落着。

エゴマ油を摂るだけでは、
やせないようです(笑)


さて、当サロンでは、髪にも

「エゴマ油」のブームが来ています!



【ヴィージェ・オイル】

髪のアンチエイジングを
助けてくれるヘア・オイルです。

エゴマ油は、髪の表面を
守ってくれます。

アボカド油、アーモンド油、
ブドウ種子油が、加齢や
カラーリングで細くなった
髪の中身を補強してくれます。

ピンクグレープフルーツの香りが
好評で、今売れています。

 

JUGEMテーマ:美容アイテム

 

4〜5月は、
紫外線を浴びる量・紫外線の強さ、
ともに1年のうちでピークの時
でございます。

髪は紫外線から頭を
守っている役割があります。


ところで、

この時期髪が変色したり、
パサついたりゴワついたり

してしまうのは、
紫外線が原因という場合があります。

紫外線は

キューティクルを傷つけます。

強い紫外線を浴びることによって、
髪の強さを保つ細胞同士のつながり
が切断されてしまい、

キューティクルがはがれやすく

なることがダメージの原因です。
 

これはまだ初期段階です。

このまま紫外線ケアを
怠っているまま過ごしていると、
キューティクルはめくれ、
やがてはがれ落ちていきます。

こうなってくると、
髪は潤いを保てなくなり
乾燥しやすくなります。

他にも、健康毛はある程度
「水をはじく性質」なのですが、
ダメージが激しくなると、

「水を吸い込む性質」に変わり、
お風呂上がりに乾きにくくなったり、
湿気に弱く・広がりやすい髪に
なってしまうこともありますから
注意が必要です。



 

当店では紫外線対策に、
お風呂場のトリートメント・
洗い流さないトリートメント、
双方ご用意しております★

ぜひご活用ください。


JUGEMテーマ:ヘアケア

からだは、40歳前後から
「代謝」が急激に下がって

くるそうですね。

ご飯などの「糖質」を
摂りすぎると、代謝の低下で
血液中にあふれた糖(血糖)は、
体内のたんぱく質と結合。

その際に、たんぱく質が
変質することがあります。
これが「糖化」だそうです。

この糖化は「老化」を
早めてしまう要因とのことなので、
注意が必要ですね。

糖化してしまった細胞は、
本来の働きを失ってしまうそうです。

たんぱく質が
「コゲつき(褐変反応)」を起こし、
「AGEs(終末糖化産物)」
と呼ばれる物質に変わって
しまうとのこと。

実は、これは「頭皮環境」
でも起きている現象です。

「AGEs」が頭皮で増えて
しまうことによって、
保湿性、ハリ・弾力の維持力が
低下してしまいます。

ですから、
頭の皮膚上においても
「抗糖化」を行う方が
好ましいといえますね。

「頭皮が硬くなること」は、
髪の根元の立ち上がりを
弱めてしまったり、しっかりした
髪を生やしにくい状態になったり、
紫外線などに弱くなったり、
というようなことにつながります。



当店、一押しの
【アイケア・シリーズ】では、
お風呂場のトリートメントに
「抗糖化の効果」があります。

「ハイブリッド・ローズ花エキス」が、
老化の原因である「AGEs」の
生成を抑制してくれます。

いわゆる頭皮の
アンチエイジングですね。

 

JUGEMテーマ:健康