google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

からだは、40歳前後から
「代謝」が急激に下がって

くるそうですね。

ご飯などの「糖質」を
摂りすぎると、代謝の低下で
血液中にあふれた糖(血糖)は、
体内のたんぱく質と結合。

その際に、たんぱく質が
変質することがあります。
これが「糖化」だそうです。

この糖化は「老化」を
早めてしまう要因とのことなので、
注意が必要ですね。

糖化してしまった細胞は、
本来の働きを失ってしまうそうです。

たんぱく質が
「コゲつき(褐変反応)」を起こし、
「AGEs(終末糖化産物)」
と呼ばれる物質に変わって
しまうとのこと。

実は、これは「頭皮環境」
でも起きている現象です。

「AGEs」が頭皮で増えて
しまうことによって、
保湿性、ハリ・弾力の維持力が
低下してしまいます。

ですから、
頭の皮膚上においても
「抗糖化」を行う方が
好ましいといえますね。

「頭皮が硬くなること」は、
髪の根元の立ち上がりを
弱めてしまったり、しっかりした
髪を生やしにくい状態になったり、
紫外線などに弱くなったり、
というようなことにつながります。



当店、一押しの
【アイケア・シリーズ】では、
お風呂場のトリートメントに
「抗糖化の効果」があります。

「ハイブリッド・ローズ花エキス」が、
老化の原因である「AGEs」の
生成を抑制してくれます。

いわゆる頭皮の
アンチエイジングですね。

 

JUGEMテーマ:健康


暦では「清明」
清浄明潔の略だそうだ。

晴れ渡った空。
百花が咲き競う季節。






 

JUGEMテーマ:つぶやき。


気持ちが
ふわふわしてきましたね★





櫻は、桜の旧字体
だそうです。
 

JUGEMテーマ:日記・一般


【紫外線】を
体内へ入れないために、
メラニンを増やすという
体のしくみ。

こどもの時に、
いくら日焼けしても、
お肌に「しみ」が出来ないのは
とても不思議なことですよね。



メラニンには2種類。

フェオ・メラニン(アイボリー色)
ユウ・メラニン(黒い)


紫外線を浴びる環境に身を置くと、
ユウ・メラニンを増やして、
紫外線から体を守ります。

これがUVバリヤーの機能です。

そして、必要無くなると、
白メラニンを増やして、
肌を白くします。


しかし!!
加齢により細胞が老化すると、
日焼けした後も黒メラニンが
出続けてしまいます。

白くするフェオ・メラニンが
出にくくなるのですね。

顔の細胞は、約2兆個
あるとされていますが、
その中の一部に、白くする
のをなまけている細胞があり、
そこが「しみ」となって
しまうようです。

(新生体理論セミナーより)



 

JUGEMテーマ:スキンケア


あるお客様は、
定期的に「歯が抜ける」
「夢を見る」とのこと。

しかも、けっこうな勢いで
ボロボロッと抜けるそうです。



夢占いのサイトによると、

不安からの逃避を表わしています。
心に不安がある時には、
その代償行為として歯の抜ける
夢を見るのです。

きれいな歯がピカピカに
光ってずらりと並んでいる
ような夢は、むしろ虫歯への
潜在的な不安の表れと
考えられます。

おいしいものを食べようと
したら歯が抜けた、
というような夢は、
食べる行為を性的な意味と解釈し、
性に対する不安やタブーな性を
表わすものと考えられます。

とのこと。


夢というのは、深層心理の
影響を受けているのでしょうかね〜?

 

JUGEMテーマ:気になること