google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

お風呂場のトリートメント

上手に髪につけれていない人は、

たくさんいらっしゃいます。

 

トリートメントのちょっとひと手間で

その効果をUPさせましょう★

 

 

◎ポイントは3つ↓

 

“韻領未紡个靴適量をとる

 

¬椶粗めのクシで髪につけた

 トリートメントを行き渡らせる

 

風呂桶にお湯をため

 髪につけたトリートメントを

 桶の中にお湯を落としながら、

 再び栄養の溶けたお湯をかける、

 というのを繰り返して、

 髪全体に行き渡らせる

 

 

めんどくさがりの人は、

△世韻任睥匹い隼廚い泙后

 

しかし、髪の量が多かったり、

乾燥しやすい髪質だったりする人は、

 銑すべてに気をつけるべきです。

 

 

★粗めのクシについてのポイントは、

 髪に引っかからないように

 ちゃんとクシの部分を丸くしてある

 タイプを使用しましょう。

 

濡れている時に、

ひっかかるクシでとかせば、

髪表面に傷をつけてしまいます。

 

 

★トリートメントの「適量」について

 再認識する必要がある人がいます。

 

大昔に習った「毛先になじませる」

というトリートメントの付け方は、

カラーをしている髪には

栄養の量が間に合いません。

 

トリートメントは、

地肌にはなるべく付かない方が

良いですが、根元は外した上で、

出来る限り髪全体に栄養が

行き渡るようにしましょう。

 

カラー剤やパーマ剤によって、

髪は脱脂が進んでいます。

 

個人差はありますが、

加齢によって髪の油分が

不足している場合もあります。

 

 

冬になれば、

お風呂上がりのトリートメントも

重要ですので、必ずお忘れなく。

 

 

JUGEMテーマ:ヘアケア

 

トリートメントを毎日つけて

いるのに、髪がぱさつく。

 

長い髪の方に多いパターンです。

 

 

よくよく聞いてみると、

お風呂場での付け方に原因が

あったりしますね。

 

たとえば、髪を

オールバックにするように

トリートメントをつければ、

髪の表面や後ろ、裏側には

栄養分が入りません。

 

または、

首をうなだれるようにして、

前に下りてきた髪に

トリートメントをつける方式だと、

前に落ちてくる髪だけについて、

後頭部には栄養分がつかない

ということになってしまいます。

 

まんべんなくを心がけて。

 

 

JUGEMテーマ:ヘアケア

 

入梅はしましたが、

晴れの日の日差しが

けっこうきつい今日この頃。

 

紫外線を浴びる量が多いほど、

髪はタンパク変性を起こしていく

可能性は高まります。

 

 

タンパク変性とは、

髪の表面・キューティクルも、

髪の内部も性質が変わってきてしまう

現象です。(ヘアカラーの退色も進みます)

 

タンパク変性によって、髪は

パサつき・ごわつき・切れ毛・枝毛

などのダメージが進みます。

 

「ポイント」

 ・日頃のヘアケアを行う

 ・UVカットに気をつける

 ・定期的に美容室のケアに通う

 

特に大切なのは、

定期的に行う美容室のトリートメント

です★

 

普段お使いのヘアケア剤だけでは、

補えないダメージがあることを

意識していただきたいと思います。

 

 

JUGEMテーマ:ヘアケア