google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

冷えと乾燥の季節に入りました。

 

生姜湯と蜂蜜の準備完了。

 

はちみつは

東洋医学の書によると、

 

・乾燥をうるおす

・肺や胃腸の粘膜をうるおす

・咳止め

・乾燥性の便秘の改善

(乳児への使用は避ける)

 

とありました。

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

ここ数日、暑くてものすごい湿気。

 

家でドライをかけていたら、

さっそく喉をやられた。

 

 

冷たいものを摂ることが

どんどん増えているが、

胃腸をこわしやすくなる

とのことなので注意したい。

 

 

「7〜8月の健康管理」

 

・熱中症予防には★

 体にこもった熱を下げ、

 水分を補うスイカ、キュウリを摂る

 

・胃腸の不調には★

 梅干し、山芋、長ネギ、生姜

 

・低血圧には★

 レバー、ほうれん草を摂る

 

室内と外との温度差を5℃以内にして、

体の冷やし過ぎに注意する

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

世の中には、まだまだ知らない

ことばかり。

 

「梅干し」に含まれるクエン酸は、

筋肉の疲労物質の乳酸を、

水と炭酸ガスに分解して体外に

排出してくれる、とのこと。

 

 

そんな素敵な梅干しだけれど、

スーパーなどで売られている

そのほとんどが、

なんと「梅干しもどき」らしく、

 

伝統的製法でつくられた

昔ながらの梅干しは、なかなか

売っていないそうだ。

 

ちょうど今食べている梅干しのラベルを、

よくよく見てみると、なんと

「調味梅干し」と書かれていていた!

 

残念! これは加工品だ!

 

 

JUGEMテーマ:気になること