google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

細い・柔らかい髪質は、

強度が弱く、傷みやすいといえます。

 

たとえば、髪がもつれやすくなったり、

手触りが悪くなったりします。

 

 

こまめにカットに行くのが理想的です。

 

メンテナンスカットでは、

枝毛になりかかった髪や、

枝毛そのものをカットします。

 

からんだまま長く放置していると、

連鎖反応でダメージが広がって

しまいます。

 

柔らかい髪質の人は、ぜひこまめに

カットにいらっしゃって下さいね。

 

その時は、

髪に留まってくれるトリートメントや、

気分転換にヘッドスパがオススメです。

 

 

JUGEMテーマ:ヘアケア

 

小さいお子様がいて、髪をちゃんと

乾かす時間がなかなか取れないのです。

という方がいらっしゃいますね。

 

 

お風呂上がりに髪を乾かさないことを

日々続けていると、髪はだんだん

バサバサしてきてしまいます。

 

ダメージが進行したことで、

髪が水を保てなくなる性質に

変わってしまうことが原因。

 

こまめに美容室に行って、

こまめに傷んだところをカットしたり、

長く髪に留まるトリートメントを

することが大切です。

 

しかし、なかなか美容室に

行けない時期はありますよね。

 

そんな場合は、

お家で使うトリートメントの改善が

応急処置になります。

 

お風呂場のトリートメントにも

栄養の濃い薄いがあります。

 

美容室の濃いタイプを購入し、

数日に一度使うことでも、

髪質は改善してきます。

 

それもできないようなら、

洗い流さないトリートメントを

お風呂上がりや起きた時など、

一日に1〜2回はつけてあげましょう。

 

乾かさないまま何も髪につけていない。

というW攻撃は、髪をとても

傷めてしまいますので、

お風呂上がり乾かせないにしても、

洗い流さないトリートメントだけは

髪につけてから、眠りに落ちましょう。

 

摩擦のダメージを防げます。

 

 

JUGEMテーマ:ヘアケア

 

ヘアケアは奥が深いもので、

 

きちんと

お手入れしているつもりでも

実は髪を傷めてしまっていた、

というケースがあります。

 

 

濡れた髪や半がわきの髪で

そのまま寝てしまうと、

摩擦で髪が傷み、寝癖が

ついてしまうのはご周知のとおり。

 

しかし、

ここに盲点があります。

 

乾かし具合を意識するあまり、

ドライヤーを当てる時間が

長くなってしまい、

逆に髪が乾燥してしまっている

というお客様をお見受けする

時があります。

 

髪が乾きにくい人は、

無意識にドライヤーの風を

よく当ててしまっている部分が

あるはずですので、要注意です。

 

当て方を見直しましょう。

 

髪が乾きやすい人は、

ドライヤーで乾かしている

途中途中でスイッチを切り、

髪のしめっているところ、

もう乾いているところを

確認しながら効率良く

髪を乾かすとよいと思います。

 

どうしてもダメージが

激しいところがある人は、

美容室にて

髪の中に定着するタイプの

トリートメントを行って、

しっかり内部補強をしましょう。

 

JUGEMテーマ:ヘアケア