google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html

 

市販品のシャンプーに

リンスやコンディショナーが

セットで販売されているせいか、

 

トリートメントは

たまにしかつけません、

というお客様が多いですね。

 

 

カラーやパーマなどの

化学的ダメージを受けた髪の場合は、

シャンプーごとに

トリートメントをしてあげて下さい。

 

ですから、毎日洗う人なら、

週に7回ということですね。

 

いっぽう、

リンスやコンディショナーは、

髪に栄養を与える効力が弱いので、

ダメージを気にされている場合、

ご使用はやめて、トリートメントに

絞ることをお勧めいたします。

 

トリートメントに加えて、

お風呂上がりの洗い流さない

トリートメントも併用すると

なおいいですね。

 

洗い流さないタイプは、

髪の表面の傷みを保護してくれますし、

内部の潤い等が外へ逃げるのを

抑制してくれます。

 

コスト面で、

毎日トリートメントはできない!

という場合は、髪のコンディション

に合わせて工夫しましょう。

 

シャンプー2回中 ⇒トリ1回

シャンプー3回中 ⇒トリ1回

 

というふうにして、

乾かした後の手触りの悪さや乾燥は、

洗い流さないトリートメントで

毎日応急処置するようにしましょう。

 

髪の傷みが少ないなら、

トリートメントは週1回でも

大丈夫な場合はありますが、

長い目で見てオススメはできません。

 

洗い流さないトリートメントは、

・乾燥には、ミルクやジェル。

・ザラつき・もつれにはオイルが良いですね。

 

シャンプーやトリートメントを、

安価なものばかりにしてしまうと、

髪のダメージが逆に悪化する場合が

ありますので、美容師と相談して、

適したアイテムをしっかりお選び

くださいませ。

 

繰り返しますが、

パーマやカラーをしているのに、

トリートメントをしないのは

髪に良くありませんので、

意識を変えていただきたいと思います。

 

 

JUGEMテーマ:ヘアケア

 

「いつの間にか12月到来?」

「1年が早い!」

 

ここ数日、これらのセリフが

よく飛び交っております。

 

 

この季節、髪の乾燥でまとまらない、

という方がいらっしゃいますが、

まずはヘアケアの基本を見直す

と良いと思います。

 

1、洗浄力の強い、安価の

  シャンプーを使っている?

 

2、アミノ酸ベースのシャンプー

  の効果的な使用ができていない?

 

3、コンディショナーしか

  普段使っていない?

 

4、トリートメントの付け方は

  今の髪の状態に合っている?

 

5、ドライヤーは熱風で、

  カラカラに乾かしすぎていない?

 

6、髪の状態に合った

  ケア剤を使っている?

 

7、暖房の乾燥した風や、

  塩素に触れる環境ですか?

 

・・・などなど、

 

美容室でしっかり相談して、

適切で効果的なヘアケアを

マスターして、冬の乾燥を

乗り越えて下さいね★

 

 

JUGEMテーマ:ヘアケア

 

当店取扱のシャンプーは、

いわゆる「アミノ酸系」です。

 

 

市販の安価なシャンプーに

慣れている場合、泡立ちが悪く

感じる人もいらっしゃいます。

 

アミノ酸系をうたったシャンプーでも、

中にはその濃度が薄く、

泡立ちがホントに悪いタイプも

あるようですが・・・。

 

 

【アミノ酸系シャンプーのポイント】

 

長い髪の方は特にですが、

2度洗いがよいですね。

 

1度目は予洗い。

流した後、

少なめの液で十分泡立ちます。

 

簡単にいいますと、

アミノ酸系シャンプーは、

栄養補給も兼ねています。

 

ですから、2度目の時には、

泡を毛先まで行き渡らせることが

ポイントです。

 

泡立て方も大切で、

ごしごしするよりは、

くるくる回しながらの方式が

髪にはやさしいですね。

 

ドライヤーで毛先を

乾かしすぎて傷めている

場合も多く見受けられます。

 

最初は熱風でもいいのですが、

途中から温風に変えるのを

オススメします。

 

温風と冷風を交互に当てれば

なお良いですね。

 

過剰に毛先が乾きすぎるのを

防げます。

 

ただし、時間がかかるので

根気が要りますが、徐々に

ダメージが減ってくると

だんだん乾きも早くなって

きますので、ぜひ習慣に

してほしいところです。

 

 

アミノ酸系のシャンプーでは

ない場合は、このやり方は

適していませんのでご注意を。

 

 

JUGEMテーマ:ヘアケア