google-site-verification: google255eb1837f3dfdc5.html


秋分の日が来ました。

 



この日、昼と夜の長さが
一緒になることを発見した人に、
私は敬意を表したいですね(笑)

実際は、昼の方が14分長いそうです。
それを発見した人もまたすごい。

いつも、困るのが「秋分」の読み方。
「春分」との読み方の違いが、
一瞬わからない時が多いですね。

「しゅうぶん」と「しゅんぶん」


TVでだれかが言っていましたが、
「PULL」と「PUSH」も、
一瞬わからないものの一つ。

ぜひ一緒にイラストを加えて
おいて欲しいものです(笑)

他にも紛らわしいといえば、
「ジーンズ」と「デニム」
こちらは、イタリア語とフランス語の
違いらしいですね。

私は迷わずジーパンと言いますが(苦笑)

ちなみに、ジーパンとは、
子供の頃「Gパン」だと
思っていました。
(Tシャツ的な発想ですね)

Gの形をしたズボンって一体!?

この「ズボン」もややこしく、
スラックスやらパンツやら
いろいろ名称があって
よくわかりませんね(笑)

Gパンと言ってる時点で、
パンツなのですが。


 


かすれる⇒掠れると書くそうです。

「色がかすれている」などの
表現に使う字のようです。

 



さて、
夏の環境で髪がかすれた色
変化してしまっている人が多い
今日この頃。

「紫外線、汗、シャンプーの
回数が増える」などが原因で、
ヘアカラーをしている髪の色素が
薄くなる
わけでございます。

色の抜けた部分を染め直すのも
いいですが、髪の水分保持能力を
修復してあげること
でも深みある
髪色に戻す
ことができます。

かすれた色の髪は油分
不足していて、内部が傷んでおり、
水分を保ちにくくなっています。


「ヒント」

,風呂場でトリートメントを
していない人は、まず真っ先に
毎日の習慣に改善してください★

トリートメントとは、
必要な油分と髪の中身を
補充するものです。


洗い流さないトリートメント
ドライヤーの時、毛先中心に
毎日つけるようにしましょう。

こちらは、髪の表面を
潤いのベールで包んでくれます。


美容室でトリートメントを行うこと

名前は同じトリートメントでも
家でするものとは全く別物です。



 


ゼロワン・スキャルプケア
シャンプー&トリートメント



髪すくすく
なめらか仕上げ
髪よろこぶプラセンタ



プラセンタ(胎盤)配合の
シャンプー・トリートメントです。

育毛効果・毛髪修復効果が
期待できる製品です。




【製品ポイント】

市販品に多い
石油系の成分やコーティング剤などの
ケミカル(化学成分)を最小限に抑え、
出来る限り天然成分を使用しています。

ヘアケア製品で大切なことは、
「ケミカル成分がどれだけ天然主原料で
人体に優しいか」です。

「シャンプー」
保湿成分とプラセンタエキスが、
潤いを逃がさず、ノンシリコンで
ありながらしっかり洗浄します。

「トリートメント」
天然由来植物オイルで、
ダメージヘアもしっかり補修。
毛先までなめらかさとサラサラな
髪を保ちます。
プラセンタエキスで
頭皮から健やかに保湿する
新発想トリートメント。



【私もお気に入りのシャンプー】

私も、こちらのシャンプーを
発売以来、愛用中でございます。

これまでの育毛シャンプーに

多いのは、頭皮にいくら良いと

言っても髪がきしむ
というデメリットでした。

このゼロワン・シャンプーは、
プラセンタグルタミン酸

働きで、頭皮だけでなく髪も

いたわりながら洗うので、
洗った後のきしみが少ないのです。

もうひとつ、
育毛効果が期待できることも
ポイントが高いですね(笑)

産後脱毛が気になる、加齢とともに
抜け毛が増えた、という方には
ぜひオススメのシャンプーです☆


 


紫外線から頭部や体を
守るために作られると
いわれているメラニン色素。

部活で太陽をガンガンに
浴びていたころは、
確かにほくろも多かった
ように思う。




ところで、髪に白髪が
出てくるということは、
一体どういうことなのか?

頭を紫外線から守ることを、
もうやめてしまったという
シグナルなのか?

はたまた、

今まで紫外線と戦い過ぎて
力尽きてしまったのであろうか?


白髪が「老け」の象徴と

考える文化が、ガラリと

変わってほしいものである。

逆に、白髪が「素敵」の
象徴になればよいのに・・・。

さすれば、

鼻毛に白髪を発見した時の
ショックも和らぐものを・・・。



 


立秋。
残暑お見舞い申し上げます☆


今年は雨の日が多いせいか、
暑さ不快ストレスの高さが、
去年ほどでないように感じますね。

「残暑」とは、
秋分の頃までを指すそうです。

最近は、
暑さで体調を壊すというだけでなく、
クーラーで風邪をひいてしまう、
という方もしばしば。

私はクーラーのスイッチを、毎晩、
一体何回押しているのでしょう?

何度も夜中起きるということは、
何度も「夢」を見ています。

●問い
「夢の中で走ると、なぜふわふわして
前になかなか進まないのか?」

●仮説
寝ている時は筋肉が緩んでいるので、
命令を出しても動かないから。

 


子供の頃のように、
空を飛ぶ夢は見なくなりました。

たとえば宇宙に行き、

無重力空間で寝たら、
また夢で空を飛べるのでしょうか?

残暑はまだまだ続きますが、
熱中症、風邪、寝不足には

十分ご注意くださいませ。